高濃度ビタミンC化粧品|ニキビ跡改善法


  このページでは、高濃度ビタミンC化粧品を使った、ニキビ跡改善法を紹介します。高濃度ビタミンCと言っても沢山種類がありますが、私が使っていた化粧品はObagiシリーズです。

obagiCの選び方と購入方法

  obabiCは、ビタミンCの濃度によって3種類に分かれています。
オバジC5b、オバジC10b、オバジC20bの順にビタミンCの濃度が濃くなっていきます。私は最初、オバジC10bから使い始めましたが、使い始めた頃、肌に刺激を感じ、少しヒリヒリました。ただ、慣れてこればまったく問題なく使えます。

 私の経験では、ほとんどの方は最初からオバジC10bくらいから始めてもいいと思いますが、値段もそこそこするので、心配な方は、お試しとしてオバジC5bから使い始めてるといいと思います。
 そして、肌にも合っていると感じた方で、さらに効果を実感したい方は、オバジC20bを使ってみてはいかがでしょうか。

obagiCは、お近くの薬局やドラッグストアでもご購入出来ると思いますが、店頭で買うのは少し恥ずかしいという方は、下のobagi通販サイトでもご購入いただけます。ロート製薬のスキンケア商品 『オバジ』

私のobagiC使用法と効果

 私のobagiCの使用法はごくごく簡単です。
洗顔しよく乾かした後、ニキビ跡の気になるところに、obagiC化粧水をすり込ませるだけです。(すり込ませるといっても優しくが基本です)
化粧水が馴染んだ後は、ローション、乳液やUVクリームなどを塗ります。

 このobagiCの化粧水による効果は、特に色素沈着のニキビ跡に効果が出ました。毛穴や凹タイプのニキビ跡には、目に見えるほどの効果はありませんでした。

以上が高濃度ビタミンC化粧品を利用したニキビ跡改善法です。

ニキビ改善×効果表
改善法 色素沈着 凸タイプ 毛穴 凹タイプ 費用 時間
■TCAピーリング
(セルフ)
1 1 1 3 3 3
■シリコンジェルシート 3 3 1 2 3 2
■高濃度VC化粧品
(オバジC)
4 1 2 2 3 2
■リザベン服用 3 2 3 3 3 2
■ビタミンC服用 4 1 2 2 4 1
■ケミカルピーリング
&イオン導入(エステ)
5 3 2 2 1 3
■半身浴&
冷水で引締め
3 2 3 2 5 1
■22:00~26:00に睡眠 3 2 2 2 5 1

改善法をクリックすると詳細ページに移動します。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています