皮脂抑制法


  ニキビも元をたどれば、過剰な皮脂の分泌が原因です。
この皮脂の分泌をある程度抑制出きれば、ニキビの大量発生も防げるはずです。

 それでは、何故思春期の時期に皮脂が過剰に分泌されるか?
それは男性ホルモンの影響です。
 思春期は、男性ホルモンが活発に働くので、それに伴って、皮脂の分泌も盛んになってきます。

 要は、男性ホルモンと上手に付き合っていき、ホルモンバランスを崩さない様、規則正しい生活を送っていく。そしてそれと同時に正しいニキビケアを行う事が、最大のニキビ予防策になります。

それでは、皮脂抑制法を紹介していきます。

ホルモンバランスを整える

1.睡眠を十分に取る
 成長ホルモンは、一日の中でも睡眠中に最も多く分泌されます。
その為、睡眠時間が短いと、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、ホルモンバランスを崩す原因にもなります。

2.規則正しい時間に睡眠を取る
 成長ホルモンが最も分泌される時間が睡眠中だと説明しました。
その時間が不規則だと、ホルモンバランス、強いては、身体のバランスをも崩してしまうかもしれません。
 また、22:00~26:00は、肌のターンオーバーが活発になると言われていますので、肌の為には、出来る限りその時間帯に寝るのがいいと思います。

3.過剰なストレスを溜めない
ストレスもホルモンバランスと密接な関係があります。
 特に学生時代は、人間関係、恋愛、いじめ、勉強と至る所にストレスを感じる要因があります。
 そんな時も、カラオケ、スポーツ、旅行、睡眠などで適度にハメを外して、ストレスを発散するといいでしょう。
 また、ニキビができているときは、出来るだけ鏡を見ないようにするのも、余計な悩みやストレスを溜め込まない方法の一つです。

4.適度な性欲処理をする
 男性の場合、あまり溜めすぎても(やりすぎても)ホルモンバランスを崩す原因になると思いますので、適度に抜く必要があると思います。

バランスの良い食事を摂取する

1.皮脂分泌を活発にする食品は取らない
 糖分の多い食べ物(ジュース、ケーキ、アイスクリーム)、脂肪分の多い食べ物(ポテトチップス、脂身の多い肉、バター)、ナッツ類(チョコレート、ココア、ピーナッツ)は、皮脂分泌を活発にするので、出来るだけ控えましょう。

2.皮脂分泌を抑制するもの
 緑黄色野菜、魚、卵などには、皮脂分泌の抑制や皮脂の代謝を促してくれる、ビタミンB2、B6等が含まれていますので、積極的に摂取していきましょう。
 その他、ビタミンCも肌の健康には欠かせないサプリメントですので、上記のビタミンと一緒に摂取するといいでしょう。
 逆に、ビタミンの中でもB12、Eはニキビを悪化させてしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。

胃腸を整えて便秘を無くす

 顔は内臓の鏡と言われるように、内臓の調子が顔の肌に表れてきます。その中でも胃腸の調子は、顔にはっきり表れます。
 特に便秘の人は、悪いものが体に溜まりやすいので、それがニキビ、吹き出物といった形として表れる事があります。
 適度な運動、水分、ヨーグルト、食物繊維などを十分に取り、胃の調子を整え、便秘のない毎日を送りましょう。


以上が皮脂抑制法になります。


正しいニキビケア

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています